土地活用関連情報リスト

周辺環境と立地からある程度の展望や計画を纏めておいてから賃貸経営を始めよう!

そもそも、賃貸経営をする際に空室リスクを抑えるには物件選びと同様に土地選びも非常に重要です。とくに物件などは法規制の中であればある程度自由に変えられますしリフォームでどうにでもなります。しかし、立地条件だけは後からはどうしようもないのでとくに慎重にならなければいけません。

■空室リスクを抑える立地条件とは
まず、代表的なよい立地条件と言われているのが駅やバス停から近い、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどが近隣にある。金融機関や病院などが近い、学校が近いなど主だった施設が近くにある環境はやはり空室リスクが抑えられる環境と言っていいでしょう。

こう云った条件を満たす物件は一般的には空室リスクが少なく人から人気なのである程度家賃を上げても人が入るから安定した家賃収入を見込むことができると言えます。

■ニーズに該当しないことも
しかし、上記の条件はあくまで一般論で必ずしも全てのニーズに合うわけではありません。例えば、エリアが大学生や社会人などが多い場所だと小学校や保育園などの近隣は騒音がいやだということでニーズに合わないこともあります。逆に、仕事勤めで出勤が必要がない人にとってはバス停や駅が近くであることが魅力的ではない、ということもあります。

要はその土地の周辺環境とエリアの層のニーズが大事なわけですね。

■まとめ
立地条件というのは、周辺環境やその近隣に住む人たちのニーズとの兼ね合い、というものがとても大事なんです。ファミリー層向けのものと独り暮らし向けの物件でもまたニーズの層が変わってきますし、であれば同時に近隣の設備に求めるものなども変わってきますのでそのターゲティングと立地条件は合わせて考えなくてはいけません。

関連記事

  1. 土地活用関連情報リスト

    賃貸経営の立地選びは未来も見据えて準備などをしていくことでリスクが軽減できます

    賃貸経営において、見逃しがちではありますが実は空室リスクを避けるために…

  2. 土地活用関連情報リスト

    賃貸経営で収益を長期的に安定化させるための物件の魅力化を図りましょう

    賃貸経営で収益を長期的に安定させるためには、賃貸物件自体の環境保全や状…

  3. 土地活用関連情報リスト

    需要と供給のバランスが取れた賃貸経営はまずターゲティングから始まる

    賃貸経営の空室状況を改善させるためには、まずは自分の持っている物件のこ…

最近の記事

アーカイブ

  1. 土地活用関連情報リスト

    賃貸経営の立地選びは未来も見据えて準備などをしていくことでリスクが軽減できます
  2. 土地活用関連情報リスト

    需要と供給のバランスが取れた賃貸経営はまずターゲティングから始まる
  3. 土地活用関連情報リスト

    周辺環境と立地からある程度の展望や計画を纏めておいてから賃貸経営を始めよう!
  4. 土地活用関連情報リスト

    賃貸経営で収益を長期的に安定化させるための物件の魅力化を図りましょう
PAGE TOP