土地活用関連情報リスト

賃貸経営の立地選びは未来も見据えて準備などをしていくことでリスクが軽減できます

賃貸経営において、見逃しがちではありますが実は空室リスクを避けるために必要なファクターが一つあります。それは、時流を見たり将来性を見通したりするという現在だけではなく未来に向けた情報分析をすることができる能力です。賃貸経営も土地運用なわけですが、土地運用というのは水ものでその価値というのは時流によって大きく変動し、それは賃貸経営にも同じことが言えるのです。

■将来性を見通した賃貸経営とは
例えば、周りに田んぼと畑ばかりで何もないようなところは一般的には立地が悪いとされています。しかし、土地再開発事業などが数年後に見込まれており駅ができたり学校が出来たり病院が出来たりするなどの立地改善が将来的に行われる場所だと知っていれば、実はそこは立地条件としては将来性があると言えるわけですね。

つまり、現在重要がなくとも将来的な賃貸需要が高まる立地というものは実は長期的に見れば非常に価値が高いのです。

■マイナスの部分も見通した立地
例えば、逆に住宅街の中に土地を持つことができて非常に立地のいい場所があったとしましょう。しかし、将来的には金レインに大型のビルが建ってしまうと日当たりが悪くなって条件が悪くなってしまう、ということもあります。なので、せっかくのいい立地を見込んで購入した場所のニーズが下がることもあるわけですね。

■まとめ
空室リスク下げるために、立地選びはとても大事なことです。しかし、長期的な賃貸経営をするのであれば今の立地だけを見ているだけではだめです。周りの工事の具合だとか、土地事業や経済事業などの動きと合わせてその土地の10年後、20年後の変化を見据えながら立地選びをしないといけないわけです。

関連記事

  1. 土地活用関連情報リスト

    賃貸経営で収益を長期的に安定化させるための物件の魅力化を図りましょう

    賃貸経営で収益を長期的に安定させるためには、賃貸物件自体の環境保全や状…

  2. 土地活用関連情報リスト

    需要と供給のバランスが取れた賃貸経営はまずターゲティングから始まる

    賃貸経営の空室状況を改善させるためには、まずは自分の持っている物件のこ…

  3. 土地活用関連情報リスト

    周辺環境と立地からある程度の展望や計画を纏めておいてから賃貸経営を始めよう!

    そもそも、賃貸経営をする際に空室リスクを抑えるには物件選びと同様に土地…

最近の記事

アーカイブ

  1. 土地活用関連情報リスト

    周辺環境と立地からある程度の展望や計画を纏めておいてから賃貸経営を始めよう!
  2. 土地活用関連情報リスト

    賃貸経営で収益を長期的に安定化させるための物件の魅力化を図りましょう
  3. 土地活用関連情報リスト

    賃貸経営の立地選びは未来も見据えて準備などをしていくことでリスクが軽減できます
  4. 土地活用関連情報リスト

    需要と供給のバランスが取れた賃貸経営はまずターゲティングから始まる
PAGE TOP