土地活用関連情報リスト

賃貸経営で収益を長期的に安定化させるための物件の魅力化を図りましょう

賃貸経営で収益を長期的に安定させるためには、賃貸物件自体の環境保全や状態保全なども必要になってきます。賃貸物件も、築年数が増えれば外観や内装設備などが老朽化し劣化してしまいますからね。そう言った部分で不満を出さないようにするためにはリフォーム、リノベーションが不可欠になりそれが空室を増やさない秘訣になります。

■賃貸経営を安定させる魅力的な物件
謂わば、賃貸物件の差別化というものが賃貸経営において非常によく言われる言葉となっています。つまりは、賃貸競合をしているエリアの中で借主が自分の物件に決めてくれるだけの魅力を追加することで呼び込むというわけですね。わかりやすいのはやはり賃貸物件の外観や内装など一番最初に目につくところですね。

■賃貸物件のリフォームとリノベーション
内装や外観をお洒落にしたり、綺麗にしたりして築年数が多くても見た目が綺麗にするだけでもずいぶん印象が変わります。築年数は、一般的浅いほうがいいと言われていますが耐震性や耐久性を考えるとむしろ築年数は古いけど見た目は綺麗というほうが魅力的にみられることもありますからね。

さらには、時流に乗せてシステムを電化してみたりだとかトイレにウォシュレットをつけたり、画面付きのインターフォンなどをつけるだとか設備を新しくしていくのも重要です。

■まとめ
こう云ったリフォームやリノベーションはどうしてもコストがかかってしまいますからね。なので、そのコストが無駄にならないようにまずは借主の心理を把握してなお且つニーズに合った拡張をすることで投資コストが無駄にならないように気をつけなくてはいけません。

その代わり合致したリフォームができれば空室率は大幅に下げられます。

関連記事

  1. 土地活用関連情報リスト

    周辺環境と立地からある程度の展望や計画を纏めておいてから賃貸経営を始めよう!

    そもそも、賃貸経営をする際に空室リスクを抑えるには物件選びと同様に土地…

  2. 土地活用関連情報リスト

    需要と供給のバランスが取れた賃貸経営はまずターゲティングから始まる

    賃貸経営の空室状況を改善させるためには、まずは自分の持っている物件のこ…

  3. 土地活用関連情報リスト

    賃貸経営の立地選びは未来も見据えて準備などをしていくことでリスクが軽減できます

    賃貸経営において、見逃しがちではありますが実は空室リスクを避けるために…

最近の記事

アーカイブ

  1. 土地活用関連情報リスト

    需要と供給のバランスが取れた賃貸経営はまずターゲティングから始まる
  2. 土地活用関連情報リスト

    周辺環境と立地からある程度の展望や計画を纏めておいてから賃貸経営を始めよう!
  3. 土地活用関連情報リスト

    賃貸経営の立地選びは未来も見据えて準備などをしていくことでリスクが軽減できます
  4. 土地活用関連情報リスト

    賃貸経営で収益を長期的に安定化させるための物件の魅力化を図りましょう
PAGE TOP