土地活用関連情報リスト

需要と供給のバランスが取れた賃貸経営はまずターゲティングから始まる

賃貸経営の空室状況を改善させるためには、まずは自分の持っている物件のことを正しく把握しそれと相まって借主の求めているニーズというものと照らし合わせることがとても大事です。空室状況が目立っているから思い切ってコストをかけリフォームしてみたはいいけど、全然状況が改善されなかったということもあります。

これは、そもそもが空室状況のある物件に求められているニーズがそこになかったということでもあります。

■リフォームやリノベーションの前に一呼吸おいて
そもそも、空室状況が目立つからといきなりリフォームやリノベーションをやるのは失敗のもとです。コストのかかることは最終手段、まずは出来る範囲のことから見つめていくのと同時に、そこに求められているものは何かということです。

■外観と環境の溶け込みも重要
例えば、最近はやりのお洒落な外観の賃貸が人気だからと言って下町風な街並みの中の物件を突然西洋建築風のお洒落な外観にリフォームしたら人気が出るでしょうか。街並みから思い切り浮いてしまったそれは景観を損ないますし、そんなところに進んで住みたいという入居希望者の数は間違いなく減るはずです。

まず、入居者のターゲティングを行うことにより空室改善のための要素を正しくポイントで絞り込んでいくことです。

■まとめ
自分の持っている物件の魅力を売りにし、そしてそこに人を呼び込むためには入居者の層を正しくターゲティングすることが必要になってきます。逆に、それが出来ているオーナーの持ち物件は一般的な魅力としてみられる物件の条件を満たしていなくても空室状況が少ないという風な状況になることが多いです。

要は需要と供給を一致させることが大事なわけですね。

関連記事

  1. 土地活用関連情報リスト

    賃貸経営の立地選びは未来も見据えて準備などをしていくことでリスクが軽減できます

    賃貸経営において、見逃しがちではありますが実は空室リスクを避けるために…

  2. 土地活用関連情報リスト

    周辺環境と立地からある程度の展望や計画を纏めておいてから賃貸経営を始めよう!

    そもそも、賃貸経営をする際に空室リスクを抑えるには物件選びと同様に土地…

  3. 土地活用関連情報リスト

    賃貸経営で収益を長期的に安定化させるための物件の魅力化を図りましょう

    賃貸経営で収益を長期的に安定させるためには、賃貸物件自体の環境保全や状…

最近の記事

アーカイブ

  1. 土地活用関連情報リスト

    賃貸経営の立地選びは未来も見据えて準備などをしていくことでリスクが軽減できます
  2. 土地活用関連情報リスト

    周辺環境と立地からある程度の展望や計画を纏めておいてから賃貸経営を始めよう!
  3. 土地活用関連情報リスト

    需要と供給のバランスが取れた賃貸経営はまずターゲティングから始まる
  4. 土地活用関連情報リスト

    賃貸経営で収益を長期的に安定化させるための物件の魅力化を図りましょう
PAGE TOP