賃貸経営からみる空室状況の条件を把握することが出来れば事前の対策が可能なのです

賃貸経営をしていく上では、物件を正しく把握しその物件を入居者のニーズに応えることができるようなものにしていくということがとても大事なんですね。最重要課題とも言っていい空室対策においてまずは何故空室になってしまうのかということを把握しましょう。

■空室率と物件の条件の関係
様々な条件によって物件の空室率というものも変わるのですが、やはり空室率が少ない物件というのはそれなりの特徴を持っているものです。一言でいえば、入居希望者が入居したくなるような魅力を持っているだけの条件を満たしている物件、ということがいえます。

ありていに言ってしまえば借主に人気のある物件が空室率が少ない物件の特徴だと言えるでしょう、まあ、当たり前のことではあるのですがその当たり前のことこそが結果的に真理だと言っていいでしょうね。

■空室率を下げるために
当然ながら、空室率の多い物件のオーナーさんは空室率を下げるためにはこの空室率が低い物件の特徴である人気の物件に自分の物件を近づけるための対策を取るということが必要不可欠になってくるでしょう。そのためには、リフォームやリノベーションなどコストをかけて改善を施し魅力を増やす、あるいは保つようにすることもあります。

不動産会社に広告を出してもらい、立地や条件アピールをするなども含まれていますね。

■まとめ
空室対策とは、空室の多い条件から空室の低い条件に近づけるということが根本にあります。大雑把にいってしまえば、空室の少ない物件の真似をしていけばある程度空室率を下げることはできるというわけですね。勿論、それだけでは不十分ですし後追いの物真似はすでにニーズが埋まってしまっていることもあるのでプラスアルファが求められます。

◆賃貸経営におけるニーズと空室状況の関係
賃貸経営をする際には、空室対策が必要な課題になるわけですがこの空室対策というのがそうそう単純に出来るようなものではない厄介なものなのです。例えば、基本である立地条件やデザイン、築年数などを魅力的にさえすれば空室は絶対なくなるのかというとそういうわけではないですからね。

■必要なのはニーズに応えること
例えばですが、そもそも全ての借主は立地が良くてデザインが綺麗で築年数の少ない新しい物件という魅力的に見えるような条件だけをそもそも重視しているのか、ここに尽きます。あくまで、先ほどの条件は一般的に感じる物件の魅力であって借主全員がそれを求めているわけではないんですね。

とくに、借主の需要の高い都市部などであれば借主の求める条件も多様化しますので、そう言った一般的魅力だけではニーズに応えきれないということもあるのです。

■ニーズに応えるにはどうしたらいいか
つまりは、表に出す広告条件などを絞らないことです。築年数、立地、デザインだけを出して広告宣伝するのは不動産会社の鉄則ですがそれだけだと物足りないという人もいます。インターネットの工事の有無、料金、下水道やトイレと風呂の別かセットか、収納スペースや近隣の施設、家賃、保証、設備の保証タイプ、交通機関、ペットの可不可。

物件のニーズというのは細かく上げればキリがないものです。

■まとめ
物件のニーズに応える、あるいはニーズの多様性に対応するにはそのエリアにおいての入居希望層の多くはどんな条件を求めるか想定することです。そうすることで、他の物件にはない、或いは他の物件では押し出していないニーズに合致する条件をアピールしていち早く入居者の興味を引くことができるのです。

最近の記事

アーカイブ

  1. 土地活用関連情報リスト

    需要と供給のバランスが取れた賃貸経営はまずターゲティングから始まる
  2. 土地活用関連情報リスト

    賃貸経営で収益を長期的に安定化させるための物件の魅力化を図りましょう
  3. 土地活用関連情報リスト

    周辺環境と立地からある程度の展望や計画を纏めておいてから賃貸経営を始めよう!
  4. 土地活用関連情報リスト

    賃貸経営の立地選びは未来も見据えて準備などをしていくことでリスクが軽減できます
PAGE TOP